形成外科とは、怪我や病気などで身体の表面が見た目に気になる状態になった場合にお手伝いする科です。
治療範囲はかなり広く、他の科と共診することも多いのですが、程度によって他の病院と連携して治療にあたる事も多々あります。
具体的には以下 の傷病が当院形成外科の範囲になります。

☆ いろいろな傷あと(手術痕・怪我のあと・火傷あと=ケロイド)
☆ 良性腫瘍(ほくろ、あざ、できものなど)
☆ うおのめ、たこ
☆ その他(巻爪、顔面神経麻痺、加齢による眼瞼下垂、ワキガ症など)

形成外科の手術は、『美』を求めると言うその目的から、とても繊細な作業で丁寧に行なわれます。
整形外科で数針しか縫わない傷でも、形成外科は美しい見た目が要求されますので、その何倍〜何十倍か縫う事がよくあります。もちろん、糸も器具も異なりますが、神経を使う細かな手術となります。
できもの(良性腫瘍)切除術例▼
術前
              
術後


○対象の部位:全身の体表部

○例えば:手術痕、怪我の傷あと、ケロイド、 良性腫瘍(ほくろ、あざ、できものなど)、
うおのめ、たこ、まき爪、顔面神経麻痺、加齢によるまぶたの下垂、ワキガ症、(自由診療)レーザー脱毛、シミ、シワ、ピアスの穴あけなど
その他、体表面に関することで何かありましたらお気軽にご相談下さい。
レーザー治療器