1. 入院/外来時の受付に関する質問
2. 腰に関する質問
3. 膝(ひざ)に関する質問
4. MRI検査に関する質問
上の項目をクリックするとジャンプします。


1. 入院/外来時の受付に関する質問
Q、 そちらはスポーツ整形と聞きましたが、腰痛でも 診ていただけますか?
A、 はい。一般の整形も診ております。
   
Q、 初めてなのですが、予約しないとダメですか?
A、 予約していなくても大丈夫です。保険証を持って普通にお越し下さい。
もちろん、ご希望の医師が居たらご予約もできます。詳しくはお尋ねください。
   
Q、 診療科目は何がありますか?
A、 「一般整形外科」・「スポーツ整形外科」・「形成外科」・「こどもスポーツ専門外来」・「ランナーズ外来」です。
詳しくはお電話でお問い合わせ下さい。
   
Q、 入院設備はありますか?
A、 入院ベッド数は50床あり、すべてのベッドにテレビ・小型冷蔵庫・小ロッカー付き床頭台があります。その他に、浴室・シャワーコーナー・コインランドリー・ラウンジ・清涼飲料自動販売機・公衆電話などご利用いただけます。また、ご希望の方は個室もございます。
   
Q、 そちら(佐田整形外科病院)で、すぐ入院したいのですが・・・
A、 ご入院は当院医師の指示が前提となっておりますので、まずは外来診察へお越しになってから主治医へご相談下さい。
   
Q、 労災でのケガも治療していただけますか?
A、 診察しております。ただし、頭部に関するケガは念のために専門の医院で頭部の精密検査をおすすめします。
   
Q、 保険証は毎月提出しなければならないのですか?
A、 お手数ですが、月初め(月が変わって初めて来院された時)の診察前に提出をお願いしております。
   
Q、 入院されている方に面会に行きたいのですが、何時から面会できますか?
A、 平日(月〜土曜日)は、13:00 〜 20:00
休日・祝日は、10:00 〜 20:00
までとなっております。
   
Q、 駐車場はありますか?
A、 消防署側に22台、西口玄関に4台駐車できます。
   
Q、 食物アレルギーがあるのですが、対応していただけますか?
A、 アレルギーの原因となっている食品がわかれば対応できますので、入院時に看護師へお知らせください。
   
Q、 スポーツリハビリテーションは何時までリハビリできますか?
A、 平日の場合、受付時間が18:00までとなりますので
リハビリ終了時間は19:30を目安とさせていただいております。
   
Q、 ケガをした部位以外のトレーニングはできますか?
A、 患部以外は保険適用外となりますので別途料金が必要となりますが、マシンや器具を使ってのメニュー作成と指導をトレーナーが致します。
   
Q、 会計(支払い)の時に、クレジットカードは使えますか?
A、 下記クレジットカードがご利用できます。

また、NTTドコモのサービス「おサイフケータイ」もご利用できます。
ご利用の際は、会計時に係の者へお申し付けください。

Page Topへ


2. 腰に関する質問
Q、 腰痛ですが、MRIを撮って頂く事はできますか?
A、 基本的なMRI検査までの流れは、一度診察を受けていただいて、医師の判断・指示により撮影となりますが、症状あるいは遠方であるといった理由がある患者様は、ご予約を取れる場合があります。ただし、MRI検査の日時についてはその時の予約状況によりますので、あらかじめご了承ください。
   
Q、 妊娠中で腰痛に悩まされていますが、シップを張る他、治療はできないでしょうか?
A、 妊娠中は、薬や物理療法が出来ないため、1.腹帯をする 2.腰にホットパックを当てる
3.軽くマッサージするなどの対症療法がよいでしょう。
   

Page Topへ


3. 膝(ひざ)に関する質問
Q、 膝の手術をしたいのですが膝の手術は年間どれくらいされているのでしょうか?また膝の専門医はいらっしゃいますか?
A、 膝の専門医は理事長・院長佐田正二郎です。
年間の膝の手術数は、こちら をご参照ください。
   
Q、 膝痛で近くの病院で「変形性膝関節症」と言われました。市販の「グルコサミンコンドロイチン」等は有効なのでしょうか?
A、 当院でも、サプリメントはお勧めしております。文献的にも損傷軟骨の修復や痛みの軽減に効果的であるというデータも出ております。
   
Q、 膝前十字靭帯の再建術の場合、入院日数、費用はどれくらいですか?
A、 入院日数は3週間ぐらいで、費用概算は、3割負担で35万円〜37万円ぐらいとお考え下さい。
   
Q、 膝前十字靭帯の再建術後のリハビリ、スポーツへの復帰期間など詳しく教えてください。
A、 術後は翌日より歩行開始、2週間で階段昇降、3週間で退院。ジョグは3ヶ月、スポーツ復帰は6〜9ヶ月が目安です。
   

Page Topへ


4. MRI検査に関する質問
Q、 狭いところが嫌いなのですが検査はできますか?
A、 当院では、閉所が苦手な患者さんでも検査が行えるオープン型のMRI装置です。
   
Q、 MRI検査とCT検査は何が違うの?
A、 どちらも体の断面を撮影する検査ですが、最も大きな違いは画像を得る方法です。
CT検査では"エックス線"を使って画像を得るのに対し、MRI検査は"強い磁力"と "電磁波"を使って画像を得ます。CTは、エックス線を使用するので骨を目的に検査を行い数分で終了します。MRIは、磁力と電磁波を使用し体内全ての画像が撮れ30分前後で終了します。
   
Q、 検査中に大きな音が鳴るのはなぜ?
A、 画像を作るとき体内の各臓器の位置を知るために磁場に変化をつけます。この変化を付けるためのスイッチをON・OFFすることでMRIに"音"が発生します。
   
Q、 MRI検査ができない方は?
A、 ・心臓ペースメーカーを埋め込まれている方
・手術により冠動脈ステント・脳動脈瘤クリップなどの金属類が体内にある方
・タトゥーや刺青がある方(磁気成分が含まれている場合があるため)
・妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方
※ご不明な点がございましたら、担当医もしくは放射線技師にお尋ねください。
   
Q、 MRIは体のどの場所に適していますか?
A、 整形外科領域では、レントゲン画像ではわかりにくい「半月板」「靭帯」「脊髄」「椎間板」「筋肉」「腫瘍」などの描出に優れています。
   

Page Topへ